モナコの自分磨き日記

美人女子大生を目指して日々奮闘する日記

『東京喰種』(石田スイ)を全巻読んだので、その感想。

 

 志願理由書に追われているのにも関わらず、最近ずっと漫画を読み漁っている。

 

こんなんでいいのか。

 

どうも、加藤モナコです。

 

本日は漫画を紹介しようと思う。

 


今すぐ注文出来ます!↑

 

 

 

東京喰種とは?

実力派漫画家石田スイさんのデビュー作。

 

人を喰らって生きる“喰種(グール)”を主人公とするダークファンタジーが、東京を舞台に織りなされる。

 

グールはファンタジーではお馴染みの生き物で、『アラビアンナイト』や『Harry Potter』にも登場する食人鬼である。(モナコの記憶に間違いがなければ。)

 

しかしそのどちらでもグールは脇役の一人に過ぎず、まさかグールたちもかのヤングジャンプで題材に大抜擢されるとは思いもよらなかっただろう。

 

「えっ、この僕がヤンジャンの主役に!?」

 

 四谷学院のあの広告のようなセリフを吐きながら狼狽えるグールの姿は想像に難くない。

 

東京喰種とは、今まで取り上げられることのなかったグールたちの日常を垣間見ることができる斬新な漫画なのだ。

 

 

主人公の抱える光と影、半喰種半人間の葛藤。

この作品の中で最も魅力があるといえるキャラクターそれはこの男、

 

f:id:hami23232323:20160917181049j:plain

 

金木研(カネキケン)。れっきとしたこの物語の主人公である。

 

もとは人間として平和で退屈な日々を送っていたが、「あんていく」という喫茶店である女の子に恋をするところから彼の人生の歯車は狂い始める。

 

実はこの女の子は“大食い”と呼ばれる強力なグールで、彼は事故で死にかけたところを、勝手にこの女の子の内臓を移植されてしまう(だいぶ端折ったが。)

 

そして半分人間、半分グールとして第二の人生を歩み始めるカネキ。

 

彼は人間の食物を美味しく感じられなくなり、次第に空腹に苦しむようになる。

 

そして彼が自身の胃が求める“もの”に気付いた時、彼は「あんていく」に助けを求めた。

 

実はこの「あんていく」は地域のグールを統括する情報交換所としての顔も持っていたのである。

 

そしてカネキはこの「あんていく」で働きながら、人間には見ることの出来ないグールの世界の闇に触れることになる。

 

この作品を通して描かれるのは彼の葛藤、グールとしての欲求と人間の理性を併せ持つ彼の心の内の複雑さ。

 

彼は暗い“喰人鬼”の世界で段々と残忍な一面を持つようになるが、そんなグールとしての性格の根底には、「愛する人を守りたい。」という彼の優しく勇敢な性格が存在するのだ。

 

14巻すべてにおいて、彼の成長に目が離せない。

 

グールと人間の友人たち

「あんていく」で働く幾人かのグールには人間の友達が存在する。

 

彼らは普段、普通の学生、社会人として人間の世界に紛れ込んで生活している。

 

最初こそ“捕食対象”として見ていたのかもしれないが、人間の友人たちの優しさに触れ、グールたちはこの友人(恋人)をなんとしても手放したくないと思い始めていた。

 

グールであることを無理をしながら隠し、友人たちと繋がりを絶たまいとする彼らの姿には胸を打たれるものがある。

 

彼らとて本心では人間の友人と仲良くしたいただの学生の一人であり、恋だって人並みに楽しみたいお年頃の若者なのだ。

 

主人公のカネキにも“長近(ナガチカ)”という数少ない親友がいるが、この二人の友情にモナコは最後まで泣かされた…。

 

人間とグールの友情がこの漫画の見どころの一つであることは言うまでもない。

 

正義とは何か。

石田スイさんが一番伝えたかった部分はここだとモナコは思っている。

 

この作品では、人間の世界、グールの世界と二つの視点から物語が展開していく。

 

その中である疑問が読者たちの頭を擡げるだろう。

 

「あれ、こいつらの言い分ってどちらも正しいんじゃ…。」

 

その通りである。彼らの言い分はどちらも正しい。

 

人間たちは家族を食い殺されたグールを恨み、グールたちは家族を駆逐された人間たちを恨む。

 

どちらが正しく、どちらが正義だとは言い難い二つの種族の確執がここにはある。

 

正義の反対も、また正義なのだ。

 

誰もが自分の愛するものを守るために戦っている。

 

自分の正義を振りかざして。

 

この現象には今の地球にも同じことが言えるのではないだろうか。

 

繰り返される宗教戦争、聖戦(ジハード)と称したテロリズム

 

互いに互いのことを侵略者か何かだと思い込み、手にするのは人を殺めるための武器、武器、武器…。

 

一方が他方を駆逐することでしか、戦争は終わることができないのか。

 

東京喰種は喰種VS人間という戦いを描きながら、人間VS人間という不毛な戦いの愚かさをメタファーとして私たちに示しているのかもしれない。

 

モナコの考えすぎだと思うけど(笑)

 

 

 

そんな感じでおすすめの漫画です!

 

★★★★★ 星5つ!

 

購入はこちらからどうぞ↓

 

 

今すぐ注文出来ます!↑

 

 

 

最後にモナコの好きなキャラクター丸尾錦の画像を貼って終わりにします。

 

f:id:hami23232323:20160917181513j:plain

あでゅー!!